ワイヤーボンディング・フリップチップボンディング用 デュアル周波数超音波発振器

長年の経験と実績を基に、新たに設計された新型超音波発振装置

デュアル周波数超音波発振器

 デュアル周波数超音波発振器

モデルME240-10

解析ソフト

解析ソフト

超音波発信機の特徴

  • デュアル周波数による、1st/2ndボンディング周波数を個別設定可能
  • 従来のUtheスタンダード発振器10H,10Gシリーズと載せ替え可能
  • 1台の発振装置で20~150kHzまでのトランスデューサーに対応
  • トランスデューサーテスト機能装備(右上:解析結果例)
  • 操作性に優れたフロントパネル、LCDディスプレイ表示

詳細につきましてはお問い合わせ下さい。

超音波発信機の仕様

超音波出力 最大10W
超音波周波数 20~150kHz
インターフェイス 8bitパラレル入力/TRIGGER入力
適合振動子 Uthe社製トランスデューサー
制御モード 電圧(Voltage)・電流(Current)・電力(Power)任意選択
ホスト/インターフェイス RS232 Serial Port
電源 85~265VAC、(47/63Hz)
外形寸法 305(W)×258(D)×74(H)